転職

退職まで気まずい、上司の態度が冷たい。スムーズに会社を辞める方法。

記事のポイント

  • 【結論】そもそも円満退職の必要なんてない
  • 最初に上司に退職を告げるのは間違いです
  • 実は最短14日で辞めても大丈夫、有給を使えば出社不要
  • 退職期間引き伸ばしを断る方法
  • NEW 一度も出社せずに退職する方法

 

退職願いを出したのはいいけど、職場で気まずい雰囲気に耐えられない。

退職願いを出してから退職するまでの1〜2ヶ月間。嫌な期間ですよね。周りは忙しいのに自分だけ仕事がない状況などいろいろと周囲の目が気になる時期です。

そんな嫌な期間をどうやって乗り切ればいいのかに応えます。

気まずい退職を乗り切るベストな方法

 

退職が気まずい原因は主にこの3つ。

  1. 上司に言い出しづらい
  2. 周囲が急に冷たくなる
  3. しつこい引き止め

 

結論から言えば、次の転職先を先に決めてしまうのがベストです。

 

なぜ先に転職先を決めてしまった方がいいの?

次の転職先が決まっていると安心感がでます。
それに去る会社の人に何を言われようと特に気になりません。
だって、もう無関係になるんですから。

自分の経験上、次の職場が決まっていれば引き止めにもあいません。

むしろ次の会社でも頑張ってと応援されることが多かったくらいです。

もしまだ転職先が決まっていない場合は転職サイトに登録だけでも今しておいた方がいいです。

10個の転職サイトに登録してみて本当に良かった転職サイトを3つ紹介します(全部無料です)

1位、リクナビNEXT
転職サイトの最大手。
転職サイトをどこも使っていないならここだけは絶対に登録した方がいいです。
どこよりも求人件数が多い分、多すぎて逆に探すのが大変なのが難点。
自分で求人を探すのが大変という人はエージェントを使うといいです。面接で自分の良さがうまく説明できない人はグッドポイント診断を使わないと損だと思います!
おすすめ度
おすすめポイント 登録すると無料で使えるグッドポイント診断で自己PRを簡単に作成できるんです。意外とこの効果がすごい!
ぜひ登録して試してみてください。

\たったの5分の手間で自己PRが完了できる!/リクナビNEXTに登録する

 

2位、リクルートエージェント
非公開案件は企業の人事が直接依頼したような応募なので、紹介されたら自分だけで即採用なんてことも!
転職サイト経由だと倍率100倍近いのがエージェント経由だと自分だけなんてことも。
リクナビしか利用していないのはちょっと損してると思います。
おすすめ度
おすすめポイント エージェントさんと仲良くすると転職サイトに掲載されるよりもはやく優良な仕事を紹介してくれます。とくに自分のキャリアや経歴に不安がある方は直接相談すると良いアドバイスがたくさんもらえます。僕も多くのアドバイスを貰って転職を成功させました。

\プロに転職を任せた方が実はいい仕事につけます/
リクルートエージェントで非公開案件を見る

 

 

どれも3分で登録完了できるので出来ればすぐに登録した方がいいです。
遅くなるとそれだけ面倒になってずるずるとやらなくなってしまいます。

明日になったら面倒になって結局やらずじまいになってしまいますので、転職サイトの登録は思い立ったときに一気にやっちゃいましょう!

 

一度も出社せずに退職する方法

 

退職までの期間を考えると憂鬱になりますよね。でも最近はそんな心配をすることなく辞められる退職代行サービスが流行ってるんです。

私のサイトからも毎月50人くらいの方が利用されていているんですが、実際に利用してみるとこれがあっけないほど気軽に退職できるんです。

ちなみに退職代行サービスについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

\実質無料で利用できます/

https://ikt-blog.net/ikt-blog.net/timing-to-tell/

人手不足の今、退職の無理な引き止めや脅迫まがいの行為で退職させない悪徳な企業が増えています。

 

退職させないといった悪質な行為は私のいた建設業界や飲食業界に多いです。

退職代行サービスといっても怪しい会社ではなく、顧問弁護士の方が指導しているので安心できます。

正規の退職手続きを自分の代わりにやってくれて一度も出社することなく退職できるという嬉しいサービスなんです。

退職代行サービスはいくつかありまして、人気なのはこの2つ。

退職代行EXIT
日本で初めての退職代行サービスです。
料金:50,000円

退職代行SARABA(サラバ)
後発の退職代行サービスですが価格がとても良心的です。
料金:30,000円
サラバのいいところは行政書士の方が直接対応してくれるところ。

どちらも基本的にはサービスの利用から一度も出社する必要なくスムーズに退職できるので検討してみるのもおすすめです。

両者とも
・24時間対応
・LINE から申し込みOK

となっています。

最短で一度も出社せずに退職したいという切羽詰まった状況なら退職代行がおすすめです。

 

https://ikt-blog.net/ikt-blog.net/taisyoku-ranking/

 

退職まで気まずい雰囲気にならないために必要なこと

退職の際の一般的な流れとして

  1. 上司に報告
  2. 上司から他の人には退職することを言わないように念押しされる。
  3. 上司から人事部または社長へ報告
  4. 上司から時期を見計らって社内報告

だいたいこのような流れになります。

そもそも上司にいきなり報告することが間違っています。

最初に上司に退職を話すことが社内で気まずくなる原因を作っているんです。

なぜ最初に上司に退職を報告してはいけないのか

上司には退職願を提出しなくてはいけません。でも、最初に上司に退職を相談するのは間違いです。

なぜなら上司に退職を告げた後、他の社員には黙っておくように言われることでしょう。そして時期が来たら上司から社内の皆に退職の話がされるはずです。

事情も知らずにいきなり退職することを聞かされた同僚はびっくりすることでしょう。

この時心理学的に「びっくりした感情」「裏切られた感情」と誤変換されてしまうのです。

まず退職の話は同僚にしましょう。なぜ退職したいのかを話して先に事情を知ってもらっておけば後で気まずくなることはありません。

 

退職を告げたら上司の態度が冷たくなった

叱って人を育てる勘違いタイプに多いのが、退職を告げられた途端態度が変わる上司。

態度が変わる上司は基本的に2パターンです。

  • 目をかけて育てていた思っていたら裏切られた勘違いタイプ
  • 部下が辞めて自分の査定が下がることに怒るタイプ
どちらも名ばかり管理職によくいるタイプ。正直言って退職したら関わりたくない人間ですよね。

いいですか?
あなたはもうその会社を退職するんです。

それならそんな人間の言うことは無視しておきましょう。辞める会社のことですからどうなろうと知ったことじゃありません。

【重要】会社のことよりも自分のことを優先すること

もうその会社のために何か我慢する必要はありません。
もしパワハラや嫌がらせを受けたら労基にちくりましょう。

労働者と会社は対等だと言うことを忘れないように!

【最短14日で退職】退職までの気まずさに耐えられない場合

退職を切り出したら周囲の態度が急変。いじめのような状況になってこれ以上会社に行きたいくない。

会社に行きたくなくなっても仕方ない状況ってありますよね。

大丈夫です!
労働者の権利を使って最短14日で退職してしまいましょう。

最短での退職の方法についてはこちらの記事をどうぞ

https://ikt-blog.net/ikt-blog.net/timing-to-tell/

 

退職の延長や引き止めにあわない方法

中小企業だと引き継ぎの人が採用できずに引き止めにあうことがあります。

なかなかお願いされると断りづらいですよね。

そんなときに絶対に引き止めに合わない方法があります。

引き止められない断り文句

次の転職先で来月から出社が決まっています(嘘でもOK)

できれば退職願いを上司に渡す際に一緒に伝えておくのがベスト。
この一言で退職期間の延長も引き止めにもあうことがなくなるのでおすすめです。

https://ikt-blog.net/ikt-blog.net/paid-holidays/

 

【結論】退職に円満退職は必要ありません

円満退職をしたい理由はなんですか?

  • 退職まで気まずい雰囲気を味わいたくないから
  • 次の仕事に影響するのが嫌だから
  • 世間的に円満退社が良さそうだから

どちらも心配する必要はありません。

なぜなら退職に円満退職は必要ないからです。

会社を退職する際には自分のことを最優先に考えるべきです。
残す会社のことをあなたが気にする必要はないんです。

【最重要】一番大切なのは転職先を先に見つけておくこと

次の転職先が決まっていれば心にゆとりもできますし、同僚や上司の冷たい視線も笑ってやり過ごせます。

次の仕事がまだ見つからなくても転職サイトに登録など準備をしておくだけでも心のゆとりがかなり違います。

転職サイトの登録や行動をめんどくさがっていては、さらに面倒なことになるだけです。

退職から3ヶ月も立ってしまうと転職先も減ってしまいます!

今すぐにでも行動することがなりよりも重要なんです。

 

 【質問に答えるだけ】採用されるための自己分析のやり方

 

転職のさいに必ず目にするのが自己分析です。

自己分析ってとっても面倒ですよねー

面倒で自己分析をせずに適当に履歴書を書いてしまったり、面接を受けてないですか?
実は僕も一番初めの転職は自己分析なんてやらず、当然転職もうまくいきませんでした。

https://ikt-blog.net/ikt-blog.net/self-pr/

こちらの記事で詳しく自己PRの作り方を解説しているのでできれば今すぐ実践してください!

 

ABOUT ME
アバター
IKUTA
WEB制作・建設コンサル・メーカーを渡り歩いたフリーランス。 自分の転職経験から失敗を含めて役に立つ情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)