転職

ハローワークの求人票の条件と採用後の条件が違う。内定を辞退しても大丈夫?

この記事のポイント

  • 即採用の会社は怪しい。
  • その場で採用に同意してしまっても後で断れます。
  • ブラック企業はハローワークでカモを見つける。
  • 【重要】良い企業を探すなら面倒でも転職サイトを使いましょう。
ハローワークの紹介でいざ面接に行ってみたら求人内容と全然違う条件を提示された!
しかもその場で即採用とかどうしようか?

不意打ちのように違う条件を提示されて、さらに採用までその場で言われたら悩みますよね。

そんな、怪しい採用の疑問に答えます。

 

【結論】即採用の会社はかなり怪しいです

実際にその場で結論を出させようというブラック企業はかなり多いんです。

あとで話しますが僕もハローワーク見つけた仕事の中に全く求人票と条件が違う仕事があって危うく騙されるところでした。

すぐに採用と言われても決してすぐに結論を出さないでください!

【重要】
即採用は怪しい企業です。
その場で無理に同意させられたとしても、すぐにハローワークの職員に相談しましょう。

もし採用に同意してしまっていても、大丈夫です。
まだ間に合います。

 

質問が多いので、誰でも採用が貰えるようになる転職活動の方法を下記にまとめました。

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

【自己分析】自分の強みが分からない。面倒な自己分析が簡単にできる方法 自己分析って難しい 自己分析って何をやったらいいのか分からない 自分の強みなんて分からない やみくもにやろ...

 

ハローワークは無料で掲載できるぶん粗悪な企業が多い。

ハローワークってリクナビなどとは違って無料で掲載ができるんです。
知っていましたか?

無料で掲載できる分、採用する気のないカラ求人も非常に多いです。

運良ければ鯛が釣れるかもしれないと思ってやって掲載しているんです。
タチが悪いですよね。

ハローワークに掲載している会社というのは基本的に

お金を出せない企業ということは、儲かっていない会社

ということになります。

儲かっていない会社というのはあの手この手で労働者を騙そうとします。

ですからそんなブラック企業に騙されないように転職活動について知識をつけましょう!

 

ちなみに僕もハローワークの紹介でブラック企業に騙されかけました

僕も事務で応募したのに、面接で即採用となって明日から来てくださいと言われました。
しかも採用後に事務ではなくて営業として採用しましたという話になっていたのですぐに辞退しました。

即採用はダメ企業の典型です。その場で無理やり同意させるように話を持っていこうとされます。

その場ですぐに結論を迫ることで断れないようにする手口も卑怯ですが、タチの悪いことにその場で定期代まで渡して逃げられないようにする悪質さ!

こんなひどい求人がハローワークにはゴロゴロと転がっています。

それ以降は決して即採用のところは絶対に信用しないようにしています。

 

求人票の条件と全く違う条件を提示された場合の対処方法

必ず求人票の内容と違うことを人事や総務の方に確認しましょう。
面接官の勘違いの可能性もあります。

採用まではあくまでも相手と自分は対等の立場です。
そこを間違えてしまって媚を売るような転職活動をしてしまっていませんか?

自分の能力をしっかりと見極めて、自分を売り込むことが大切です。

 

条件が違うことを理由に辞退しても大丈夫です。

この場合相手が嘘を言っていたことになります。
言ってみれば詐欺のようなものですよね。

いざ蓋を開けてみたら中身が違いました、それじゃあ納得できません。

ハローワークでは掲載情報と実際の条件が違った場合、間違った求人内容を故意に掲載していたら掲載取り消しとなります。

言ってみれば詐欺ですから当然です。

その会社はしばらくの間ハローワークに掲載することができなくなるか、職員からマークされます。

マークされた会社に応募しようとすると職員がこの会社は問題があるからよく考えたほうがいいよなどアドバイスをくれるようになります。

面接では必ず採用条件を確認

面接では給与のことや休暇など労働条件について質問するのはあまり良くないとされます。

よくよく考えるとこれはおかしくないですか?

働く上で一番大切な労働条件のことを詳しく聞いちゃいけないなんて。

そんな噂に騙されないようにしっかりと労働条件について確認しましょう。

労働条件を質問するなら他の質問も考えておく

労働条件を確認して大丈夫とはいいましたが、質問事項が労働条件というのはダメです。

質問をするならそれ以外にも会社の業務内容などをホームページから調べて、業務内容に関わる質問をしましょう。

就職活動はあくまでも対等の立場、採用条件は交渉しましょう。

実はあまり採用条件を交渉する人って日本では少なかったりします。

とくにハローワークで応募する方には非常に少ないです。

ハローワークから応募される方は基本的に受け身姿勢な方が多いのです。
よく言えば企業側からすると従順な方ということになります。

ハローワーク利用の企業側は労働量を安く買い叩こうとしている

ハローワークでは掲載が無料のため、できるだけ安くいい人が来てくれたらいいなぐらいにしか思っていません。

逆にリクナビネクストやマイナビやエン転職に掲載している企業は真剣に選ぼうとしています。
ですので労働条件の交渉にも柔軟に対応してくれる企業が非常に多いです。

転職活動は自分を売る営業マンになる

転職活動って相手に雇ってもらうために下手にでないといけないって思っていませんか?

転職では会社にへつらう必要はありません!

あくまでも会社とあなたは対等なんです。

相手は会社にぴったりな人がいたら是非とも入社して欲しいと思っています。

相手は欲しいと思っているんですから、採用の条件を交渉しない手はありません。
自分がどんな条件でもいいから採用して欲しいと思っている場合は別ですよ。

採用が決定した面接で聞かれる給与の質問に「御社規定に任せます」なんて言ってはダメ

面接の最後に「希望の給与額」をきかれたことがある方は多いのではないでしょうか?
普通の会社であれば必ずきかれます。

どうでもいいような適当なアドバイス本ですと「御社規定に任せます」がお手本と書かれていたりします。

給与の質問をされたら必ず希望額を言いましょう!

できれば前職同等の月額30万円はいただきたいです」などきっぱりと言うことが大切です。
自信なさげにおどおどと言ってはダメです。また根拠なく高額な給与を言ってもダメです。

面接前に自分はこれくらいの給与をもらえる仕事ができるということをイメージしておきましょう。

まとめ。良い求人を見つけたいならハローワークは使ってはダメ

求職活動といえばハローワークというイメージになってしまっていますが、ハローワークはあくまでも失業保険給付のためだけと割り切りましょう。

もちろん面接の練習など使えるサポートもありますが、転職サイトが無料でやっている面接対策や就職サポートに敵うわけもありません。

なぜハローワークのサポートではダメなのか。

ハローワークの面接サポートは当たり障りのないサポートです。

そして公的機関に良くあるようにやる気がありません。マニュアル通りに簡単な指導をしてくれるだけです。

転職サイトでは紹介する事で企業からお金が貰える為、本気のサポートをしてもらえます。

 

サポートされる側は一円もお金を払う必要ありません。絶対に全部採用側の企業がお金を出してくれる仕組みなんです。

例えば1人紹介すると年収の1割が転職サイトに企業から支払われます。

ですから年収の高くて良い企業に入社して貰えれば転職サイトは儲かる仕組みなんです。

できることなら転職サイトを利用した方がお得に転職活動ができるというわけなんです。

ABOUT ME
アバター
TAKE
WEB制作・建設コンサル・メーカーを渡り歩いたフリーランス。 自分の転職経験から失敗を含めて役に立つ情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!